トップ > チケット > 3月15日(金)上映会 前売り券

3月15日(金)上映会 前売り券 3月15日(金)上映会 前売り券 3月15日(金)上映会 前売り券
3月15日(金)上映会 前売り券 3月15日(金)上映会 前売り券 3月15日(金)上映会 前売り券
拡大画像

3月15日(金)上映会 前売り券

価格 : 円(税込)
お子様を同伴される方は、人数を備考欄へご記入ください。
ポイント : 28
数量
 

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
内容

選択
2作品セット割(2800円)
1作品THE READINGS(リーディング)(1500円)
1作品WEED THE PEOPLE -大麻が救う命の物語-(1500円)

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ





 

【前売券について】
​当ページよりご購入いただけます。
小学生以下は無料となります。
※お席の確保のため、お子さまの人数を備考欄へご記入しご購入下さい。託児スペースはございません。

代金のお支払い方法は、クレジットカード決済・各種振込となります。(代引きはご利用いただけません
ご入金確認後、チケットを送付いたします。
チケット発送に伴う送料は無料となります。メール便でのお届けとなりますのでお届け日の指定は頂けません。

【当日券について】
1作品1800円・2作品3500円 となります。(当日会場にてお支払いください。)
小学生以下は無料です。

【会場について】
北杜市長坂CS(コミュニティ・ステーション) コミュニティホール
JR中央本線長坂駅より徒歩1分
住所:〒408-0021 北杜市長坂町長坂上条2575-19
定員:各回400名
席:自由席
駐車場:北杜市長坂総合支所(100台)
住所:〒408-0021 山梨県北杜市長坂町長坂上条2575-19

※ご予約確定後のキャンセル・返金・変更はお受けしておりません。ご予定をご確認の上お申込みください。なお、天候による公共交通機関の遅延・運休の場合は、その旨お申し付けください。

 

 

【14:00〜】
THE READINGS(リーディング)
〜エドガー・ケイシーが遺した、人類の道筋。〜



 

テロ、犯罪、対立、そして数多くの病・・・。 今、世界を見回すと、人心の荒廃を表すような事件や心を惑わされる出来事が数多く起き、多くの人が病にかかり亡くなっている。 混沌とし、荒廃した時代を生き抜く現代人にとって、映画『リーディング〜エドガー・ケイシーが遺した人類の道筋〜。』は大いに考えさせられる内容となるだろう。 「二十世紀最大の奇跡の人」と称せられるエドガー・ケイシーの“リーディング”は、病の原因に一人一人の生き方、生活の仕方が関連していると指摘する。またそれは潜在意識下に蓄積している過去の行い(カルマ)とも繋がりがあるという。 「蒔いた種は必ず刈り取らなければならない」 最先端科学の量子論では、全ての思考、感情、感覚、行動は「アカシックレコード」と呼ばれる情報場に記録され続け、どんな行い(カルマ)も量子レベルで保存され、そしてその情報はたとえ現世で肉体を失ったとしても潜在意識に埋め込まれ、来世まで受け継がれていくのだという。 エドガー・ケイシーが行った“リーディング”では、相手を理解し、受け入れ、赦し、愛と祝福を送ることで潜在意識に埋め込まれた情報を書き換えることができると指摘する。 我々の生き方に「恩寵」つまり思いやりを持つことが大切になっていくのだ。
カルマを超えた更なる進化を遂げることが出来るか否かは今後の一人一人の気づきにかかっている。

映画『リーディング』は新時代の生き方に新たな目覚めを促すことになるであろう。
(OFFICE TETSU SHIRATORI公式サイトよりより抜粋・転載)

【17:00〜】
WEED THE PEOPLE — 大麻が救う命の物語 —




 

医療大麻は 1970年代より、がんの化学療法に伴う吐き気を抑えるために効果があることが知られていましたが、近年の研究により、がんの治療そのものにも効果がある可能性が示されています。
これは、医療大麻でがんを治療する5人の小児がん患者とその家族の物語を軸に、医療大麻を巡る社会状況や専門家の意見、サポートする人々の姿を描くドキュメンタリーです。

カンナビス(大麻草)は世界で最も広く使用されている薬物であり、近年まで世界的に法規制の対象でした。 しかし、科学の進歩によりその有用性が”再発見”されて以降、世界中で大麻の医療利用は解禁されつつあり、研究や使用が盛んに行われています。 二人に一人ががんになる今日、大麻のがんに対する効果には注目が集まっています。 これまでに行われた臨床試験で大麻草が抗がん剤の使用に伴う副作用や、食欲不振などの症状を緩和することが示されていますが、大麻のがんに対する効用はそれだけに留まりません。 THCやCBDには、試験管内でがん細胞をアポトーシス(細胞死)に誘導する作用があることが報告されており、これまでにもカンナビスによって腫瘍が縮小したという多くの症例報告が寄せられています。

”Weed the People”は、大麻製剤を用いてがんと向き合う子ども達の姿を描いたドキュメンタリー映画です。 本作には幼くして脳、腎臓、骨や筋肉の悪性腫瘍を患う5人の子ども達が登場します。現在の標準治療では治癒が困難な状況で、家族が希望を託したのは禁じられた雑草(Weed)でした。 患者と家族、それをサポートする医療従事者達の視点を通じて、私達は医療大麻を巡る最前線の光景、そして医療産業の姿を目の当たりにすることになります。

今日のカンナビノイド医療をリードする面々のインタビューにより、事前知識のない方にも最適な内容となっています。 はたして子ども達のがんは治るのか? 貴方自身の目で確かめてください。

監督:リッキー・レイク/ アビー・エプスタイン
出演:
アレクサンダー・AJ・ケファート(骨肉腫)
チコ・ライダー(横紋筋肉腫)
セシリア・ヴォン・ハーツ(腎芽腫)
ソフィー・ライアン(視神経膠腫)
エイドリアン・AJ・ピーターソン(小児脳幹部グリオーマ)
マラ・ゴードン(アント・ゼルダ創設者)
ボニー・ゴールドスタイン(医師)
ドナルド・エブラムス(医師)
スニル・アグラワル(医師)
イーサン・ネーデルマン(ドラッグポリシーアライアンス創設者)
アマンダ・レイマン(薬物政策専門家)
ラファエル・ミシューラム(カンナビス研究者)
マヌエル・グズマン(カンナビス研究者)
クリスティーナ・サンチェス(カンナビス研究者)









この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く

入力された顧客評価がありません。

ページトップへ