トップ > 本/CD/DVD/絵画  > > 【書籍】西ネパール・ヒマラヤ 最奥の地を歩く―ムスタン、ドルボ、フムラへの旅(稲葉 香)

【書籍】西ネパール・ヒマラヤ 最奥の地を歩く―ムスタン、ドルボ、フムラへの旅(稲葉 香)

価格 : 2,420円(税込)
ポイント : 24
数量
 

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

内容紹介


リウマチという難病を抱えながら、チベット国境に近いヒマラヤの最奥の地ドルポで約100日におよぶ越冬を単独実現させ、「植村直己冒険賞」を受賞した40代女性登山家、待望の本。

 

目次


まえがき―難病・リウマチを抱えて世界の屋根に挑戦
1 アッパームスタン―禁断の元王国
2 アッパードルポ―世界の屋根
3 ロワードルポ―チベットの民が暮らす地へ
4 フムラ―ネパールの最北西部
5 ドルポの冬―念願の越冬

 

稲葉香さんプロフィール


ヒマラヤに通う美容師。1997年から旅に出るライフスタイルを続ける。ベトナムから始まり東南アジア・インド・ネパール・チベット・アラスカを放浪し、旅の延長で山と出会う。18歳でリウマチが発病し、山に登るなど想像も出来なかったが、ヒマラヤトレッキングにより自然治癒力に目覚め、山を登るまで復活した。 再発と復活の繰り返しの中、河口慧海師の足跡ルートに惚れ込み歩み続け2007年 西北ネパール登山隊(故・大西保氏)の遠征の参加をきっかけに西ネパールに通いはじめる。現在、大阪唯一の村・千早赤阪村を拠点に、都会と山生活とのバランスを保ちながらヒマラヤに通っている。
2020年 第25回植村直己冒険賞受賞
『西ネパール 最奥の地を歩く 〜ムスタン、ドルポ、フムラへの旅〜』(彩流社)
オフィシャルサイト:https://www.kaori-inaba.com/
 


 

製品概要

著者:稲葉 香/彩流社
サイズ:A5判 174頁
 

入力された顧客評価がありません。

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く

※入力の際にはログインをお願いします。ポイントが反映されません。





ページトップへ